延滞で携帯が止められそうな話。

後日談はこちら。

 

延滞で携帯って語呂がいいよね。

と冗談を言ってる場合ではなく、携帯が止められそうだ。

ほんとは9月25日に支払予定だったが、家賃とカード代に消えた。

一月ぐらい大丈夫だろうと思っていたら、結構携帯会社も厳しいらしい。

今までは月々の携帯代をカードで払っていたが、そのカードは先日強制解約になってしまったのでなし崩し的に振込用紙で支払うことに。

カード払いから振込用紙になるだけで一気に支払う気が失せるのは何ぜ?

払う額は一緒なのに、現金が無くなっていく感覚が違いすぎる。

これが所謂カード会社の罠というやつか…。

そう思いながらとりあえず振込用紙は放置。

机の中に押し込んで無かったことに。

人間とは不思議なもので、視界から無くすだけでそのものの存在が無かったかのように思ってしまう生き物なのだ。

その存在が無くなってから目まぐるしく日々が過ぎたある日のこと。

突然一通のメールが届く。

“11日までに支払えなければ、携帯が止まります。"

長ったらしく書いてあったが要約するとこんな感じの文章だ。

11日…??

すぐじゃないか!

給料日まであと2000円で過ごさなければいけない僕に払えるわけがない。

現実は一休のトンチみたいにはいかない。

無いものは無いのだ。

とりあえず、電話して何とかしてもらおう。

そう思いながら読んでいると但し書きで、支払期日延長不可と書いてあるのが目に入る。

またまたぁ。いつもの脅しでしょ。

こんな子供騙し、延滞ベテランプレイヤーの僕には通用しない。

電話をすれば、コールセンターのお姉さんが何とかしてくれる。

そう思って電話をかける。

大丈夫、今まで電話さえすれば何とかなった。

借人において電話は最強のツールだ。

「もしもし~、お支払いについてご相談なんですけど・・」

なるべく相手の機嫌を損ねないよう丁寧な言葉遣いで攻める。

 

「こうこうこうで~~」

「はい、その件ですね~~」

・・・

申し訳ございません。お支払いの期日変更はできかねます。

「?」

「それはつまり、支払い期日の延長はできないということですか?」

「はい、申し訳ございません。」

動揺してつい同じことを聞き返してしまった。

コールセンターのお姉さん曰く、本来25日支払いの予定だったのを、11日に変更している状態なので、そこから更に先延ばしすることは不可能だそうだ。

次にお金が入るのは15日。

11日に支払いができなかった場合、順次回線がストップするらしい。

具体的な日にちはわからないが、もしかすると数日なら保つかもしれないとは言われた。

また、支払いが通常通り行われれば復活するらしいので最悪数日間は携帯が使えなくなる。

まあ数日なら我慢しよう。

ふと思ったが、回線が止まってもwifiがあれば通常通り使えるのでは?

所謂海外状態になるだけで、電話ができない以外はwifiさえあれば大丈夫な気がするが。

電話もLINEを使えば済むことだし。

詳しく聞いておけば良かった。

とりま近況はそんな感じ。

ではまた。


あなたが一度クリックするだけで私はもちろんあなたの人生も豊かになります。
人のために何かをしたという達成感があなたの幸福に繋がるからです。
日常のちょっとした気遣いでお互いがハッピーになれる。
人生なんて案外そんなもんです。
ではポチッと↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

ついでにこっちもありがとうございます。

貧乏日記ランキング

インスタで料理投稿してます。興味があれば是非↓↓

Posted by enu