やはりシェアハウスの担当マネージャーがポンコツだった話。

僕は今シェアハウスに住んでいるのだが、以前そこの担当マネージャー(以下あいつ)の仕事のできなさについてお伝えした。

どのくらい仕事ができないのか忘れてしまった人はこちらの記事を読んでほしい。

今回は、他の住民からもあいつは仕事ができないという声が出たので、やはり俺の青春ラブコメ評価は間違っていなかった。

この記事で正式にポンコツ認定をすることにする。

同じシェアハウスの子に話を聞いたところ、やはりあいつはメールの返信をしないらしい。

その子は1ヶ月連絡が返ってこなかったと言っていた。

連絡をするなんて基礎のきの字にも満たないぐらい当たり前のことであり、社会人の端くれにもおけない。

ん?僕が延滞するときちゃんと連絡してるかって?

その話は今は重要じゃない。

マネージャーという地位にいるなら最低限の仕事はしようってことだ。

僕はそんな地位じゃない。

あとは聞く所、その子はもうすぐ同じ系列の別のシェアハウスに引っ越しする予定だったらしいが、あいつの仕事の出来なさにより1週間引っ越しが伸びたらしい。

手続きを怠っていたんだろう。

迷惑な話だ。

他にも一つ、このシェアハウスにはライングループみたいのがあり、はじめにマネージャーが入居者を招待する仕組みになっておりそこで連絡事項が流れたりするのだが、これに僕は招待されていなかった。

入居者の人と仲良くなってから、「え、グループ入ってないの?」と聞かれて発覚したわけだが。

あいつは一体何なんだ。

と、このような具体的な話も出てくるぐらいやはりあいつはポンコツだった。

こんな仕事で良い給料貰ってるんだと思うと怒りしか湧いてこないが。

普段連絡を返さないくせに延滞の時だけきっちり取り立てる悪魔め。

僕はお前を許さないぞ。

もし万が一、僕の職場に食べに来たらあいつのだけ盛り付けを雑にしてやる。

てなわけでシェアハウス担当マネージャーのポンコツエピソードをお伝えしました。

現場からは以上です。


あなたが一度クリックするだけで私はもちろんあなたの人生も豊かになります。
人のために何かをしたという達成感があなたの幸福に繋がるからです。
日常のちょっとした気遣いでお互いがハッピーになれる。
人生なんて案外そんなもんです。
ではポチッと↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

ついでにこっちもありがとうございます。

貧乏日記ランキング

インスタで料理投稿してます。興味があれば是非↓↓

Posted by enu