【再度携帯使用不能】二度目のスマホ延滞で一週間停止。

あ、繋がらなくなった。

そういえばそろそろ繋がらなくなる時期かぁ。

そんなこと思い始めたら世も末。

あなたも立派な借人です。

 

また先月の携帯料金が支払えなかった。

7万円は流石に無理である。

何にそんな使ったんだよ!!というツッコミはもちろんスルーしていく。

ただ一つ今の子供たちに言えるのは、生きるためには色々お金がかかるんだよと。

毎回月の25日くらいに1回目の支払い期限がありそれが支払えないと月末までに振り込んでくださいと連絡が来る。

それが駄目だと次は11日。

それが最終勧告だ。

これを過ぎると順次止められるという。

僕の経験からしてその日から大体2.5日程度過ぎると止められる。

今回も予想通り14日の夜中に止められた。

寝て起きたら、4G回線が使えない。

だが、Wifiに繋げれば別にLINEとかネットには繋がるのでそこまで不便では無い。

海外旅行に行ったときと同じ現象だ。

もちろん部屋にはWifiがある。

そして職場にもWifiがある。

計画通り。

抜かりはない。

回線が止められるとEメールと電話が使えなくなってしまう。

電話が繋がらなくなるのは煩い督促の電話やらが鳴らなくていいのだが、メールは割と不便だ。

もちろん他のGメールだったり、Yahooメールだったりは使えるのだが、日頃のやり取りなどでは主にEメールを設定しているのでそれが見れないのは中々不便だったりする。

しかも止められている間のメールは復旧しても届かないらしい(前回の経験から)。

今は新しいシェアハウスの管理人と契約についてのやり取りをしている最中なのでEメールが使えないのはかなり不便、というより長らく返信がないからという理由で機嫌を損ねてしまったら来月から住む家が無くなってしまうのだ。

それは死活問題である。

そこで僕は事前に対策を練った。

テストと一緒で事前の対策というのは大切である。

昔からテストにはめっぽう強かった僕はここでもその実力を発揮する。

何をしたかと言うと担当の人に事前にメールしておいたのだ。

携帯の調子が悪いので今日から修理に出しますと。

しばらくの間、こちらのメールに連絡して下さいと。

何だそんなことかと思われるかもしれないがそこには目に見えない駆け引きが存在している。

いきなり違うアドレスからメールを送ると拒否されるかスルーされる可能性が高い。

なので、最低一回は同じアドレスからメールを返信して連絡しなければならない。

最初は携帯が水没したことにしようと思ったがそれだとお前何でメールできてんだよと思われるので、携帯が最近不調で修理することになったと。

それなら怪しまれることはない。

夜神月がただポテチを食べてるようにしか見えないのと一緒の原理である。

と、そんやこんなで事前に根回ししておいたおかげでお金ができる来週まで何とか耐えれそうだ。

外で使えないのは不便である一方、スマホから離れられる時間ができるのも大事だ。

これは提案なのだが、たまには皆さんも携帯を延滞して強制的に隔離してみてるのも良いのではないか。

また違った景色が見られるであろう。

アドバイスなら延滞アドバイザーの僕に任せてほしい。

ということでそろそろカフェのWifiがタイムアップになりそうなのでこれにて。

ではまた。

 


あなたが一度クリックするだけで私はもちろんあなたの人生も豊かになります。
人のために何かをしたという達成感があなたの幸福に繋がるからです。
日常のちょっとした気遣いでお互いがハッピーになれる。
人生なんて案外そんなもんです。
ではポチッと↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

ついでにこっちもありがとうございます。

貧乏日記ランキング

インスタで料理投稿してます。興味があれば是非↓↓

Posted by enu